ぱにゃにゃーん・ぼーぺんにゃん日記


愛しさと 切なさと 心強さ

b0204895_23553397.jpg
同級生とはどこで出逢っても、なんだか身近で心強い存在。
そんな共通点から仲良くなった協力隊先輩達。

「篠原涼子好きだったんだよねー」「愛しさと 切なさと 心強さと~♪」
って会話弾んじゃう!

そんな協力隊先輩も含め先日先輩隊員が日本帰国しました。
今まで、先輩の帰国時首都になかなか上がれず、今回初めて経験した帰国報告会、送別会、空港での別れ。

一緒にタイに旅行に行った、酔うとさらにかわいい先輩。看護師の先輩で毒舌ながら愛と優しさを感じる先輩。めちゃ女らしい先輩。隊次唯一の男性隊員として愛されてた先輩。めちゃかわいい、でも男らしい同級生の先輩。

帰ってしまったのが、信じられないけど、空港で見送り、次の日には日本に到着してるって不思議です。

帰国報告会は飛行機の時間で少ししか聞けなかったけど、いっっぱい悩んで、へこんで、それでも1歩1歩進んできたことがすごい伝わってきました。

ありがとうごさいました。出逢いに感謝しています。


そして今日の活動は午前;お産の介助の手伝い2件 午後;実習に来ている看護学生に体の仕組み、臓器の役割についての講義?。
この講義をやるにあたり、第3のカウンターパート?のチャンホーンさんが手伝ってくれました。いつも昼休み家に帰るのに病院に残って最終確認までしてくれました。終わったらお昼寝爆睡でしたけど☆

講義のあとの学生さんに「今日の勉強は眠くならなかったよー おもしろかった」と言われとても嬉しい。
でもチャンホーンさんも他のDrも脾臓を説明しても理解してくれない。学生は知っていたけど・・・・ 
前もWSをしたけど、再度看護師にもやりたいなーと思う今日の内容でした。

明日もまたパニャニャーン。
b0204895_083548.jpg

[PR]
by raomakky577 | 2011-03-31 00:14 | ラオスの仲間

<< 仕事仲間      ニープン スー スー >>

青年海外協力隊・看護師隊員のラオスでの日々
by raomakky577
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31